南房総市と連携し、合宿誘致で地域活性。白浜フローラルホールを音楽・ダンス合宿施設として活用へ

2015.06.17 【RELEASE


南房総市から白浜フローラルホールと保健福祉センターを借り受け、2016年3月から同施設を音楽やダンス合宿を受け入れる施設へと転用する予定です。
地元向けサービスを維持しながら新規の合宿誘致で年間約5000万円の経済効果を目指します。

白浜フローラルホールは約20年前に建てられた、房総半島の最南端、南房総市白浜に立地する海辺の市営文化ホールです。

白浜音頭発祥の地に建てられたホールは白浜地区周辺の音楽やダンスの愛好家の練習場所や、南房総市の成人式をはじめ多くのイベントで活用されてきました。
多くの思い出が詰まったホールではありますが、近年は人口減少とともに稼働率が低下傾向にあり、市は年間約2000万円の維持管理費の負担を減らすべく同ホールに隣接する保健福祉センター「はまゆう」も含めて、数年前から民間による有効活用案を募集していました。
絶好の立地の本格的ホールではありながらも、特殊な構造であるため、民間からは手が上がりませんでした。


本格的なイベントも開催できる音響や照明設備、観客席とステージを有するフローラルホールは音楽やダンス活動には最適の施設です。

保健福祉センターについても、入浴や飲食機能が備わっており、応接間や会議室を宿泊部屋にリノベーションすればホールと一体型の合宿施設に転用できます。
近年はダンスが学校授業で必修になったことも追い風に合宿の需要が拡大しており、音楽合宿についても音量を気にせずに練習ができる合宿施設は少ないのが現状です。
両施設のリノベーションにより、その需要に十分応えられる施設と判断し、同施設の活用を市に提案し、当社が運営事業者として選定されました。

新しい客層の流れをつくり、年間延べ1万泊の新規顧客による約5000万円の直接的地域経済効果(施設運営に伴う食材・人材・修繕などの費用と利用者が行う消費)を見込んでおります。
南房総市石井市長の柔軟な発想とリーダーシップにより、同施設において行政と市民、民間企業の双方にとってWin-Winの取り組みがスタートする予定です。頂いた期待に応えるべく、南房総地域の掲げる「合宿誘致による地域活性」に全力で取り組んでまいります。



◼今回の取り組みの特徴

当社と南房総市は、本事業による市の負担を最低限に抑えながらも、運営を安定的に継続可能にする方法を模索した結果、市による負担は現状の危険個所の修繕のみとし、宿泊施設へのリノベーション費用や運営時の維持管理は全て当社が負担をするという賃貸契約を締結する予定です。保健福祉センターの設備修繕や宿泊機能への転用コストが多く見込まれるため、賃料はいったん無償としていただき、安定稼働後は収益の一部を南房総市の地域活動に充当いたします。

一般的な民営化手法である運営委託や指定管理とは違い、行政の負担は初期投資の一部(危険個所整備)以降は発生しません。

当社は、合宿の閑散期(年間の2/3程度)は今まで通り地元地域の市民活動やイベントに施設を開放するため、市にとっては一定の公共性を残したまま、解体費や維持管理負担がなくなり、逆に地域外からの合宿客による経済効果が生まれます。

 

 

◼︎地域との取り組みに関して
・近隣飲食店との連携:地元の飲食店と連携し、一部合宿の食堂機能を担っていただくことも検討しています。
・海産物業者との連携:白浜地区は、海女さんや漁師さんが多い地域であるため、新鮮な魚介類を合宿のご飯やバーベキューに積極的にとりいれていくことを検討しています。
・近隣宿泊施設との連携:合宿のピーク時や大型のイベント時には、近隣の宿泊施設に分宿を行うことを検討しています。
・南房総観光大使KOUSAKUさんとの連携:KOUSAKUさんが当敷地の一部でホースセラピーを中心とした事業を行う予定です。

 


◼︎白浜フローラルホールに関して

・住 所:〒295-0103 千葉県南房総市白浜町滝口6767番地1
・ホール : 1階観覧席=485平方メートル(可動式578席)
       2階観客席=63平方メートル(ベンチ席68席)
・舞 台:幅14.1メートル×奥行6.0メートル
・会議室:2室(2室利用で最大80人収容)=101平方メートル(練習室)
・楽 屋:2室=67平方メートル/芝広場 : 4,920平方メートル/駐車場 : 約100台
・webサイト:http://rprojectjapan.com

※現在2016年3月分の予約を受け付けております。
(予約に関するお問い合わせ:03-3490-9611(大崎オフィス予約センター))

 

◼︎宿泊施設に関して

・定 員:110-120名
※白浜フローラルホール直結の保健福祉センターを改装し宿泊施設する予定です。


  • 最近の記事

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ページトップへ戻る