オリンピックと観光業界

2015.05.29

2013年に東京がオリンピック開催地に決まり、日本の観光産業が注目を浴びています。
それ以前から、低迷する国内観光をてこ入れするべく、 2008年に観光庁が設置され訪日観光客1000万人の目標を掲げていたところに、滝川クリステルさんの象徴的な「おもてなし」スピーチとともにオリン ピック東京開催が決まると、「日本に外国人観光客が押し寄せる」という期待がいよいよ高まってきました。

2013年に東京がオリンピック開催地に決まり、日本の観光産業が注目を浴びています。
それ以前から、低迷する国内観光をてこ入れするべ く、2008年に観光庁が設置され訪日観光客1000万人の目標を掲げていたところに、滝川クリステルさんの象徴的な「おもてなし」スピーチとともにオリ ンピック東京開催が決まると、「日本に外国人観光客が押し寄せる」という期待がいよいよ高まってきました。

そしてその期待を後押しするように、2014,2015年と2年連続で過去最多の外国人観光客が日本を訪れています。
私も観光関係の仕事をしていますが、行く先々で「オリンピックがあるから観光の将来は明るいですね」と言われるようになりました。
その度に少し違和感を覚えます。
オリンピックは本当に外国人観光客を増やす要因になりえるのでしょうか。

私はオリンピックは日本の観光にプラスになるとは思っているのですが、それはオリンピックが観光客を増やすからではなく、「オリンピックが観光客を増やす」と思う政府や民間が、観光客を受け入れるためのインフラ整備や規制緩和を進めるという、少し皮肉な理由からです。
もともと観光資源に富んだ日本が、インフラ整備や規制緩和によりその魅力を外国に向けて発信をしやすくなるとは思いますが、オリンピック自体が観光客を増やすとは思えません。
オリンピックがその開催地への観光客数にあまり影響がないのは、過去の事例を見ても、そして少しだけ具体的に考えただけでも明らかです。

2012年ロンドンオリンピックの2年前くらいから、イギリスへの外国人観光客の流入数を調べた統計によると、オリンピックの直前から期間中にかけて少し増えた以外は、ほとんど数字が伸びていません。
統計を見ずとも、2020年にオリンピックが開催されるからと言って2018年や2019年に日本に観光をする理由を探すのは困難だと思います。
実際、「オリンピックで増える」と漠然という人に、「では2016年の開催地ブラジルに、オリンピックが決まったからと言って観光したいと思いますか?」と聞けば、ほとんどの人はNOと答えると思います。
いま日本の観光産業には、オリンピックよりもはるかに大きなインパクトを与えることが足元で起きています。
日本の観光のみならず、世界全体に非常に大きな影響を及ぼす、「アジアの高度成長」です。
(ここでいうアジアはインドを含めそれよりも東の国々とします)
アジアの経済成長はここ数年で始まっていますし、メディアでも取り上げられることは多いですが、それが日本の観光ににどれほど大きな影響を及ぼすかは、まだ過小評価されていると感じます。

アジアの人口は世界の半分、約30億です。
その中でいわゆる先進国として経済成長が安定期に入っているのは日本や韓国くらいで、それに続く香港や台湾、シンガポールを合計しても約2億人足らずの人口なので、約30億人のマーケットが経済成長期に入っています。
これほどの巨大な人口がほぼ同時期に高度成長を迎えることは、大げさに言えば人類史上経験のないことで、実際に食糧問題などではそのインパクトがすでに表れ始めています。
この巨大なマーケットが日本を観光地として魅力に感じているうえ、ビザ発給の緩和策やLCCの普及が同タイミングで起きていて、長期的に日本に観光客が増加する絶好の土壌が整っています。

日本の観光へのインパクトを考えたとき、わかりやすい前例があります。
高度成長期の日本です。
1970-80年代、日本の観光客がオーストラリアやハワイ、その他世界の観光地にもたらした影響は大きく、まだ旅行慣れしていない日本の観光客を茶化すジョークが海外ではよく聞かれたのを思い出します。
いわゆる「爆買」はお土産などにとどまらず、ゴールドコーストなどのリゾートマンションも日本人に次々と買われていきました。
あまりにも影響が大きく賛否両論がありましたが、いずれにしても観光地に対してのインパクトがあったことは間違いありません。

当時の日本の人口は1億人ちょっと。LCCなどまだ存在せず、航空券が30万円前後の時代です。
今の物価でいえば40~50万円くらいの感覚でしょうか。
それでも大きなインパクトがあった。
今回は30億人が経済成長を迎え、航空券は3~4万円です。
私は日本人自身が思っているよりもはるかに大きなスケールで、そして長いスパンで外国人観光客の増加が続くと思っています。
先述したように、結果的にオリンピックは日本への観光業界にとってプラスになると思いますし、観光の観点でいえば東京開催に賛成です。

ただし、何事も原因を間違えるとその対応もずれたものになりかねないです。
日本の政府や観光関係者には外国人観光客が増える本質的な理由を見誤らず、それに向けた対応を考え、日本の観光産業がいまだかつて経験をしたことのないビジネスチャンスをフルに獲得してほしいと思います。

ページトップへ戻る